インプラントイメージ

インプラントは術後の歯茎ケアが大事

2年ほど前に奥歯を一本インプラントにする手術を受けました。
お医者さん選びから元にあった歯を抜歯し、人工歯根を埋め込んで、定着させ、セラミックの人工歯を入れるまでに4ヶ月ちょっとかかりましたが、今も良好で、問題なく利用することができています。
しかし先生から術後言われたのは、とにかく歯周病にならないように十分に気をつけることで、結局手術をしてもその後のケアが悪くなると人工歯根を失うことにつながるという説明を詳細に受けました。
それ以来とにかく食べものを食べたらしっかり食後に歯を磨き、マウスウォッシュで口を常にきれいにしておく努力をするようにしています。
その甲斐あって、今のところ何の問題もなく継続利用することができています。
実はこの手術を受ける際に、いくつかの失敗のケースというのを見せてもらったことがあるのですが、そのほとんどが、歯茎の腫れや異常が起こり、せっかく埋め込んだ人工歯根が外れてしまうことからおきるトラブルであることを写真を見ながら説明してもらいました。
さすがに失敗例の写真は実際の患者さんのものだけにかなり生々しいものでしたが、こうなるのだということをまざまざと見せ付けられたために、それ以降とにかく歯茎に問題が起きないように毎日ケアをするようにしているというわけです。
実際トラブルがおきると補償期間内であれば再手術を行うそうなのですが、あまりにもひどい状態では、もとに戻らないこともあるそうなので、非常に歯茎ケアが重要なのだということを痛感させられた次第です。
実際にはそれほどケアが難しいわけではないのですが、やはり食後は口をゆすぐとかちょっとしたことを励行することが口内の健康を保つのに非常に役にたっていることを実感させられました。
インプラントは周囲の歯に負担をかけずに治療ができ、しかも出来上がってからは非常にしっかりとして固定されますので、うまく使い続ければ自分の歯と同じようにほぼ一生使えるとも言われています。
私もこの人工歯根を長く使い続けられるようにずっとケアをしていきたいと考えています。
硬いものをかんでもしっかりとしているこのインプラントは本当に手放せないものだと思っています。

Copyright(C) 2011 歯を治療する.com All Rights Reserved.