インプラントイメージ

残った歯にも負担をかけることなく治療が出来るインプラント

人間にとって歯は、とても重要な役割を果たしています。
生きていく上で必要となる栄養をとるためにも、歯で食物を噛み砕き、体内に取り入れることが必要です。
しかし、この食物を噛むための歯が、抜けてしまうことにより、咀嚼が上手に出来なくなり、体内への吸収を難しくさせてしまうことがあります。
さらに上手に噛めないことで、美味しい食事をとる楽しみを半減させてしまうことにも繋がります。
そのため、自分の歯は、出来るだけ健康に長持ちさせる事が必要です。
しかし、虫歯や歯茎の病気などで歯が抜けてしまう事があります。
そういった方は、抜けてしまった部分を補わなければなりません。
そのために、歯科医院で多くされている治療法として、義歯やブリッジといったものがあります。
抜けてしまった部分に隣接している歯の部分を使用し、抜けてしまった歯の場所に仮の歯となるものが装着出来るよう工夫されたものです。
これらは、保険が適応される範囲での治療も可能なので、費用としては安く抑えられる事が出来ます。
しかし、メンテナンスの面においても、しっかりと個人で行ったり、歯科医院での調整が必要になります。
さらに食事の際にも、美味しく食べる事が出来ないといった話もたまに聞きます。
そして、隣接部分の歯などを必要とするため、どうしても負担をかけてしまうことになります。
そういった面を考慮して、お薦めしたいのは、インプラントです。
インプラントは、歯科治療の一つで、抜けてしまった歯の部分を補うための治療法です。
義歯やブリッジと違い、顎の骨に土台となるチタン製またはチタン合金製のボルトのようなものを挿し込みます。
そして骨と接着させ、接着した後に、歯の部分の役割を果たす部分を装着します。
これで、一本の歯として完成します。
隣の歯にも負担をかけることなく、さらに自分の歯として生活する事が出来、義歯などでは行なわなければならない毎日の特別な手入れなどを行う必要がなくなります。
しかし、この治療法は保険が適応されないため、保険適応の治療費に比べて比較的高い料金が必要となりますが、半永久的なため人気の高い治療法です。
私は、以前に一番奥の下の歯が突然抜けてしまい、隣の歯との接合が難しいため、インプラントの手術を受けた事があります。
最初に土台を入れる際には、麻酔が効いていたいため痛みはなかったのですが、振動が少しあり、少し緊張した記憶があります。
しかし、あっという間に終わり、半年後に歯の部分をかぶせました。
もう3年以上経ちますが、全く今でも問題なく、自分の歯として、生活を楽しめています。
もし、抜けている歯がある方がいらっしゃれば、インプラントはお薦めしたい治療法です。

Copyright(C) 2011 歯を治療する.com All Rights Reserved.